コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

sterigmatocystin sterigmatocystin

世界大百科事典内のsterigmatocystinの言及

【マイコトキシン】より

…1918年に三宅市郎によって黄変米菌の分離などが行われたが,第2次大戦後,世界的にマイコトキシンについての研究が進み,現在多くの物質が明らかにされている。マイコトキシンは多くの真菌によって産生され,おもなものにPenicillium属によるシトリニンcitrinin,エリトロスキリンerythroskyrine,Aspergillus属によるアフラトキシンaflatoxin,ステリグマトシスチンsterigmatocystinなどがある。これらの物質は一般に分子量は小さいが,構造的には複雑なものが多く,化学的性質も多様で,肝臓,腎臓,中枢神経などに対し,多様な作用を現す。…

※「sterigmatocystin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android