stylel

世界大百科事典内のstylelの言及

【とげ(棘)】より

…ワムシ類の咽頭や甲殻類の胃にはキチン質のとげがあって,食物を砕くのに役だっている。ヒモムシ類には吻(ふん)端にとげをもつものがあり,これは吻針stylelと呼ばれ,餌生物に毒液を注入して傷つける役割をする。貝類や節足動物の外殻には,いろいろな部域で大小さまざまな形をしたとげが発達しているのが見られる。…

※「stylel」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報