survival of pagan gods(英語表記)survivalofpagangods

世界大百科事典内のsurvival of pagan godsの言及

【アレゴリー】より

…こうした生者と死者の不意の出会い,あるいは生者に対する〈死の勝利〉といった図像は,15世紀後半には木版画入り印刷本《死の舞踏》へと展開する。 中世のアレゴリーにおいて,キリスト教と並ぶもうひとつの重要な要素は,パノフスキーが〈再生renascences〉,セズネックが〈異教の神々の生残りsurvival of pagan gods〉と表現した,古典古代の伝統である。異教の神々はキリスト教神学のなかで忘却され,死滅したのではなかった。…

※「survival of pagan gods」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android