tessar type lens(英語表記)tessartypelens

世界大百科事典内のtessar type lensの言及

【カメラ】より

…中央に凹レンズを置き,凸レンズを間隔をとりながらその前後に置いたもので,像面の平たん性を確保しながら球面収差,コマ収差および色収差などの補正ができる。(2)テッサータイプレンズtessar type lens 1903年ツァイス社のルドルフの創始になるレンズタイプで,現在でもおもに中級カメラに多用されている。構成からいえばトリプレットの第3群レンズを,凹のフリントガラス,凸のクラウンガラスのはり合せにしたものと見ることができる。…

※「tessar type lens」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android