コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

tonal counterpoint tonalcounterpoint

世界大百科事典内のtonal counterpointの言及

【対位法】より

…全音階的な順次進行を主体とする各声部の滑らかな動き,協和音の響きを重視して,不協和音の使用を厳しく制限した清澄な響きは,カトリック教会音楽の理想とたたえられた。 17世紀になると,このようなパレストリーナ様式の対位法が存続する一方で,長調・短調の調性と和声を基盤とする〈調的対位法tonal counterpoint〉が出現する。各声部の動きはもはや純粋に線的な配慮によって規定されるのではなく,楽曲を支える和音と和声進行から制約を受ける。…

※「tonal counterpoint」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

tonal counterpointの関連キーワードピストングアダラハラ(メキシコ)五音音階

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android