コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

vol'nonayomnye rabochie volnonayomnyerabochie

世界大百科事典内のvol'nonayomnye rabochieの言及

【ロシア帝国】より

… ロシアの工場制工業も農民労働に大きく依存し,18世紀には工場に買われた〈占有農民possessionnye krest’yane〉,工場に編入された〈編入農民pripisnye krest’yane〉,さらに地主工場の農奴労働が特色をなし,ピョートル1世の開発したウラルの冶金業でも前者が大量に使用された。19世紀前半には新たな綿工業を中心に,大半が国有地・私有地の出稼農民からなる〈自由雇用労働者vol’nonayomnye rabochie〉が工場労働力の主力(1804年に47%,60年に87%)をなし,世紀後半にも工業・建設の労働者の大半は出稼農民であった。彼らは農村共同体(ミール)の成員で,工場でもアルテリを組んで働いたが,世紀末にはウィッテの工業化政策で急成長した重工業の熟練労働者を中心に,完全な都市労働者の階層が生まれ,労働運動の性格もこれに伴って変化した。…

※「vol'nonayomnye rabochie」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

vol'nonayomnye rabochieの関連キーワードはなしょー加賀美剛臣ダグラス(Frederick Douglass)モーガン(Lee Morgan)諸岡立身郡司直樹柏倉裕太齋藤友映川辺純子久野圭一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android