Yahoo!辞書

kotobank > もやもやとは

 

もやもや 【もやもや】

  • 2件の用語解説(もやもやで検索)

大辞林 第三版の解説

もやもや
 
[1] ( 副 ) スル
もやがたちこめたように,ぼんやりしてよく見えないさま。 「湯気で-(と)した風呂場」 「たばこの煙で部屋が-する」
事情がはっきりせず不明朗なさま。 「真相は-(と)してつかみ難い」
心にわだかまりがあるさま。 「何かだまされたようで,-(と)した気持ちだ」
毛などがおい茂るさま。 「 -と髭(ひげ)をはやす」
のぼせたり,欲情をもよおして気持ちがすっきりしないさま。 「かず〱のかよはせ文清十郎も-となりて/浮世草子・五人女 1」
ごたごたするさま。紛糾するさま。 「人中で-云ふほどが費(ついえ)/浮世草子・新色五巻書」
[0] ( 名 )
心のわだかまり。 「心の-が晴れない」
もめごと。 「此-は此客からおこつたことぢやというて/浮世草子・御前義経記」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もや‐もや 【もやもや】
 
[副](スル)
煙や湯気などが立ちこめるさま。「湯気で―(と)している浴室
実体原因などがはっきりしないさま。「―(と)した記憶
心にわだかまりがあって、さっぱりしないさま。もやくや。「彼の一言で、―(と)していたものが吹っきれた」
毛や髪などが群がり生えるさま。「口髭の―と生えた」〈紅葉・二人女房
色情がむらむらと起こるさま。「数々の通はせ文、清十郎も―となりて」〈浮・五人女・一〉
ごたごた言い争うさま。「人中で―云ふほどが費(つひえ)」〈浮・新色五巻書・三〉
[名]
わだかまりがあって心がさっぱりしないこと。「胸の―を晴らす」
もめごと。ごたごた。「この―はこの客からおこった事ぢゃ」〈浮・御前義経記・八〉
アクセントヤモヤ、はモヤモヤ

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もやもやに近い言葉→もやもや病|モヤモヤ病|モヤモヤさまぁ~ず2|もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)|四方八方|もや(靄)|FOUR-SEASONS PARK モヤヒルズ|舟舫ひ|水前寺もやし|母屋

もやもやの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「もやもや」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ