Yahoo!辞書

kotobank > 優しいとは

 

優しい 【ヤサシイ】

  • 2件の用語解説(優しいで検索)

デジタル大辞泉の解説

やさし・い 【優しい】
 
[形][文]やさ・し[シク]《動詞「痩(や)す」の形容詞化で、5原義
姿・ようすなどが優美である。上品で美しい。「―・い顔かたち」「声が―・い」
他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。「―・く慰める」「―・い言葉をかける」
性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じである。「気だての―・い子」
悪い影響を与えない。刺激が少ない。「地球に―・い自動車」「肌に―・い化粧水」
身がやせ細るような思いである。ひけめを感じる。恥ずかしい。「なにをして身のいたづらに老いぬらむ年のおもはむ事ぞ―・しき」〈古今・雑体〉
控え目に振る舞い、つつましやかである。「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど、―・しく申すなり」〈大鏡・序〉
殊勝である。けなげである。りっぱである。「あな―・し、いかなる人にてましませば、味方の御勢は皆落ち候ふに」〈平家・七〉
[派生]やさしげ[形動]やさしさ[名]やさしみ[名]

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やさしい【優しい】
 
( 形 ) [文] シク やさ・し
穏やかで好ましい。おとなしくて好感がもてる。 「気立ての-・い女の子」
思いやりがあって親切だ。心が温かい。 「 - ・い心づかい」
上品で美しい。優美だ。 「 - ・い物腰の婦人」
身もやせるような思いでつらい。他人や世間に対してひけ目を感ずる。恥ずかしい。 「世の中を憂しと-・しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば/万葉集 893」
心づかいをして控えめである。つつましやかである。 「されば重木は百八十に及びてこそさぶらふらめど,-・しく申すなり/大鏡 序」
(節度をもって振る舞うさまが)殊勝である。けなげである。 「己が振舞-・しければ,一筋取らするぞ/保元 中」 〔動詞「やす(痩)」の形容詞形で,身もやせ細る思いだというのが原義。平安時代には② の意でも用いられ,つつましくしとやかなさまを優美と感ずることから③ の意が生じた。③ は優位の者がほめことばとして用いた。→やさしい(易)
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

優しいに近い言葉→生優しい|物優しい|心優しい|《優しい歌》|ガニメデの優しい巨人|優しがる|由由しい|雄雄しい|寂しい・淋しい|軽軽しい

優しいの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「優しい」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月28日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ