Yahoo!辞書

kotobank > 浸透とは

 

浸透 【しんとう】

  • 5件の用語解説(浸透で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんとう【浸透 osmosis 

多孔性の膜や粉体層を通して溶媒(水溶液場合には水)が濃度差によって移動する現象。たとえばタンパク質のような高分子量の物質を含む水溶液を,セロハン膜のような水を通すが高分子量の物質を通しにくい膜(半透膜)で包み純水中に浸すと,膜の両側の濃度を等しくするように,水が膜を通ってタンパク質水溶液中に入っていく。一般には完全な半透膜は得られないので,水が溶液側に移行するとともに,タンパク質の一部が純水側に移行し,長い時間の後には両側の溶液は均一になる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐とう 【浸透/×滲透】
 
[名](スル)
水などが、しみとおること。「雨水地下に―する」
思想・風潮・雰囲気などがしだいに広い範囲に行きわたること。「新しい生活様式国民に―する」
ある液体または気体が、半透膜通過して、他の液体または気体と混じり合い拡散する現象。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浸透 【しんとう】

液体や気体が細孔質の壁や膜を拡散によって透過する現象。狭義には濃度の異なる二つの溶液を半透膜で互いに仕切った場合,溶媒が両側の溶液濃度差を小さくする方向に半透膜を透過すること。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

浸透
 
 半透膜を介して高濃度の側から低濃度の側へ溶媒が移動する現象.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡散 」のページをご覧ください。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浸透に近い言葉→浸透枡|浸透・滲透|浸透計|浸透価|浸透説|浸透剤|逆浸透|浸透性|浸透濃度|浸透王朝

浸透の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「浸透」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ