dumpf

ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)の解説

dumpf

[ドゥムプフ] [形]

❶ (音などが)鈍い, さえない, こもった.

❷ かびくさい, むっとする; 湿った.

❸ ぼんやりした, おぼろげな; 無気力な, 活気のない.

出典 ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)について 情報 | 凡例

プログレッシブ 独和辞典の解説

dumpf, [dυmpf ドゥムプフ]

[形] (-er/-[e]st)

❶ (音などが)鈍い,さえない,こもった

das dumpfe Rollen des Donners\遠雷の鈍いとどろき.

かびくさい,むっとする;湿った

ein dumpfer Geruch\かびくさい臭い

dumpfe Luft\湿った空気

Das Brot riecht dumpf.\このパンはかびくさい.

❸ ぼんやりした,不分明な;無気力な,活気のない

eine dumpfe Ahnung\おぼろげな予感

ein dumpfer Schmerz\鈍痛.

[◇Dampf]

出典 プログレッシブ 独和辞典プログレッシブ 独和辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android