コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

aerial

1件 の用語解説(aerialの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

aer・i・al

[形] /ril, eiíril | r-/ ((限定))
1 ((古))空気の, 大気の, 空気から成る, 気体の
  • aerial currents
    気流
  • aerial regions
    空中.
2 空中生活の;《植物》気生の, 空気中に生長する
  • an aerial plant
    着生植物
  • an aerial root
    気根.
3 空中にかけた, 空中ケーブル式の;空中に[空高く]そびえる
  • an aerial ropeway
    ロープウェー
  • aerial wire
    アンテナ, 空中線
  • aerial spires
    そそり立つ尖塔せんとう.
4 空気のような;淡い;軽快な, 軽やかな.
5 実体のない;夢のような;霊妙な
  • aerial music
    霊妙な音楽.
6 航空機(用)の[による]. この意味ではairを用いることが多い
  • aerial navigation
    航空術
  • an aerial lighthouse [beacon]
    航空燈台[標識]
  • an aerial chart
    航空地図
  • aerial warfare
    空中戦
  • an aerial photograph
    航空写真
  • aerial observation
    空中観測.
━━[名] /ril/
1 ((英))アンテナ(((米))antenna).
2 ((略式))《アメフト》フォワードパス.
3 空中スキー競技, エアリアル.
[ラテン語aēr(空気)+-AL. △AIR

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:國廣哲彌、安井稔、堀内克明
編集委員:池上嘉彦、大沼雅彦、米須興文
編集顧問:小西友七
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone