コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

may

2件 の用語解説(mayの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

**may

/méi/
[助](単数現在一人称, 三人称may, 二人称may or((古))~・est /méiist/ or mayst /méist/;複数現在may;過去might /máit/
1 ((可能性))(推量のmayには強勢を置く)
(1) ((現在の事態・未来の事についての主観的推量))…かもしれない
  • He's absent today. He may be sick.
    彼はきょうは欠席だ. 病気かもしれない
  • We may go to the movies tomorrow. [=Perhaps we'll go to the movies tomorrow. ]
    あす映画に行くかもしれない.
(2) ((過去の事についての主観的推量))[may have done]…した[だった]かもしれない
  • He may have missed the bus. [=Perhaps he (has) missed the bus. ]
    バスに乗り遅れたかもしれない
  • Sue may have been (at) home yesterday afternoon. [=Perhaps Sue was ...]
    スーはきのうの午後は家にいたかもしれない.

[語法]
(1) 強い否定の推量にはcannotを用いる:It can't be true. それは本当のはずがない.
(2) 推量のmayは疑問文では用いない. ×May it be true?は不可. 代わりにDo you think ..., be likely to, can, couldなどを用いる:Do you think she's missed the bus?彼女はバスに乗り遅れたと思うかい. 否定疑問文や疑問文の従属節中ではmayを用いてよい.

(3) ((客観的可能性))…することがある, …できる;…できよう, …してもよい. ふつう強勢を置かない;論文などに多い用法;控え目に「…できる」の意を表し, 受動態と共に用いられることが多い
  • This disease may be caused by mental factors.
    この病気は精神的要因で起きることがある
  • The booklet may [=can] be obtained for two dollars per copy.
    この小冊子は1部2ドルで入手できます
  • It may be noted that they were under no obligation to reconsider it.
    彼らにはそれを再審議する義務はなかったことを指摘しておいてもよいだろう.
2 ((許可))(ふつう強勢を置かない)…してよい, して差し支えない;(法律・規則・道徳上)…することが許され(てい)る[できる];((否定文))…してはいけない, しないでください, することはできない
  • You may enter.
    はいってもよい
  • “May I use the phone?” “(Yes,) certainly. [Yes, of course (you can). ]”
    「電話をお借りしてよろしいですか」「どうぞ」
  • May I have the bill, please.
    勘定をお願いします
  • I'll speak first if I may.
    最初に発言させていただきます
  • You may borrow up to five books from the library at a time.
    その図書館では1回に5冊まで借りられる
  • Cars may not exceed 10 MPH on the school grounds.
    学校構内を走行する車は時速10マイルを越えてはならない.

[語法]
(1) 許可を表す助動詞にはふつうcanを用い, mayは改まった文体に限る傾向がある:May I take a day off next week?来週1日休暇をいただけませんか.
(2) 許可を求める場合, May I ...?はCan I ...?よりていねいだが, 相手に許可を与える場合は, You canのほうがYou mayよりやわらかく響く. You mayは話し手の権威を感じさせる表現で, 時には命令に近くなる.
(3) 推量のmay notではmayに, 不許可を表すmay notではnotに強勢を置く. 後者の場合, notは本動詞ではなくmay自体を否定する. may notより強く禁止を表すにはmust notを用いる.
(4) May I ...?に対して, 許可しない場合の応答はNo, I'm afraid you can't. /I'm sorry, but+理由. など.
(5) 他の助動詞に続くときや過去・完了・未来の表現では許可のmayの代わりにbe allowed [permitted] toなどが用いられる:He won't be allowed to enter Japan. 彼は日本への入国を許されないだろう.

3 ((形式))((祈願・願望・のろい))[May+主語+動詞!]〈人・事が〉…であります[します]ように
  • May you be very happy!
    ご多幸を祈ります(▼I hope you'll be very happy. がふつう)
  • May God bless you!
    神があなたに恵みを垂れたまわんことを.
4 [may ... but]((譲歩))…かもしれないが;なるほど[確かに]…だが
  • It may be my imagination, but I think we are being followed.
    気のせいかもしれないが尾行されているようだ
  • He may be my boss, but he can't control me.
    いくら彼が上司でも言いなりにはならない(▼前半が不確実なことではなく明白な事実の場合も多い).
5 ((文))((譲歩を表す副詞節中で))(たとえ)…しても[しようと(も)]
  • strange as [though] it may seem [=although it may seem strange]
    奇妙に思われるかもしれないが
  • Whatever others may say, I won't change my mind.
    たとえ他人が何と言おうと私は考えを変えない(▼口語ではNo matter what others say ...がふつう)
  • He's collecting biographical data on Hans Haas, whoever he may be.
    彼はハンス・ハースとかいう人についての伝記資料を集めている(▼このmayは無知・不確実を表す).
6 [so that A may do/in order that A may do]((形式))((目的))A(人・物)が…できるように, するために. ((略式))ではso (that) A can [will] doがふつう. soを伴わないthat A may doは((古))
  • She speaks slowly so that everyone may understand.
    だれもが理解できるようにゆっくり話す.
7 ((wh-疑問文・wh-節中で疑問の調子を和らげて))…でしょうか, かしら
  • How old may your mother be?
    お母様は何歳におなりでしょうか
  • I wonder who may he be.
    あの方はどなたかしら.
8 ((pray, hopeなどに続く名詞節中で))…するように(と)(willがふつう);((be afraid, fearなどに続く名詞節中で))…しないか(と)
  • Miranda is afraid (that) her answer may offend him.
    ミランダは自分の返信で彼が気を悪くしないかと心配している.
be that as it may
いずれにせよ, それはどうでもいいことで, (それは)ともかく(whether that is so or not).
That's as may be (but ...)
(なるほど)それはそうかもしれない(が…).
mayに強勢を置く.

**May

/méi/
[名]
1 [U]5月.
2 [U]((詩))盛り, 青春
  • the May of my life
    私の青春時代.
3 [U]五月祭(May Day)のいろいろな催し.
4 ((~s))((英))(Cambridge大学の)五月試験;(同大学の各学寮間の)五月ボートレース(現在は5月下旬または6月初旬に行われる).
5 [C][U]((m-))((英))=hawthorn.
6 女子の名.
[ラテン語Maius(偉大な神ジュピター). maiusはmagnus(偉大な)の比較級]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:國廣哲彌、安井稔、堀内克明
編集委員:池上嘉彦、大沼雅彦、米須興文
編集顧問:小西友七
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone