世の常

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

よのつね【世の常】

  • 正直者が損をするのは世の常だ
    It is our everyday experience that honesty does not pay./Honest people tend to lose out in this world.
  • 世の常ならば彼も今ごろは次官ぐらいにはなっていたろうに
    If everything had gone smoothly, he would have been at least a vice-minister by now.
  • 彼は世の常の父親ではない
    He is 「not a usual [no ordinary] father.
  • 彼女は世の常の秘書とは少し違う
    She is 「not a run-of-the-mill secretary [different from the common run of secretaries].

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android