世の常(読み)よのつね

精選版 日本国語大辞典「世の常」の解説

よ【世】 の 常(つね)

① 特別ではなく、ごく普通であること。また、そのような時。一とおり。世間並み。平常平素尋常
万葉(8C後)八・一四四七「尋(よのつね)に聞くは苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ」
※枕(10C終)三五「中納言、法師になりひにしこそあはれなりしか。桜などちりぬるも、なほのつねなりや」
② (言葉などが平凡すぎて、事態を十分に表現できないから) …というのでは不十分。…どころではないさま。おろか。
源氏(1001‐14頃)葵「ただ、それなる御有様に、あさましとは、よのつね也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「世の常」の解説

よ‐の‐つね【世の常】

世間によくあること。「二度あることは三度あるのが世の常だ」
ごく普通であること。
「大きさはまず、―の猫ほどでもございましょうか」〈芥川・地獄変〉
[類語]慣例通例定例恒例慣行習い習わし仕来しきた常例世の習い例によって例のごとし如し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android