世の常(読み)ヨノツネ

デジタル大辞泉の解説

よ‐の‐つね【世の常】

世間によくあること。「二度あることは三度あるのが世の常だ」
ごく普通であること。
「大きさは先(まず)、―の猫ほどでもございましょうか」〈芥川地獄変

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よのつね【世の常】

( 連語 )
世間でよくあること。世のならい。 「浮き沈みは-だ」
並の言葉では十分に表現できないこと。言うもおろか。 「許すべき気色にもあらぬに、せむ方なくいみじとも、-なり/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世の常の関連情報