世の常(読み)ヨノツネ

  • の 常(つね)

デジタル大辞泉の解説

世間によくあること。「二度あることは三度あるのが世の常だ」
ごく普通であること。
「大きさは先(まず)、―の猫ほどでもございましょうか」〈芥川・地獄変〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 特別ではなく、ごく普通であること。また、そのような時。一とおり。世間並み。平常。平素。尋常。
※万葉(8C後)八・一四四七「尋常(よのつね)に聞くは苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ」
※枕(10C終)三五「中納言、法師になり給ひにしこそあはれなりしか。桜などちりぬるも、なほ世のつねなりや」
② (言葉などが平凡すぎて、事態を十分に表現できない意から) …というのでは不十分。…どころではないさま。おろか。
※源氏(1001‐14頃)葵「ただ、それなる御有様に、あさましとは、よのつね也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android