コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打撃

1件 の用語解説(打撃の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

だげき【打撃】

I
1 〔強く打つこと〕((deal a person)) a blow
  • 相手の頭に打撃を加えた
    He hit [struck] his opponent (a blow) on the head.
  • あごに猛烈な打撃をくらった
    I took a hard blow to [on] the chin.
2 〔野球で〕batting
  • あのチームは打撃がいい[ふるわない]
    The team is strong [weak] in hitting.
II
1 〔精神的な痛手〕
  • その失敗は彼には大きな打撃であった
    The failure was a great blow [shock] to him.
2 〔損害〕damage
  • 台風でりんごは大打撃をこうむった
    The apples were heavily damaged by the typhoon./The typhoon did serious damage to the apple crop.
  • 鉄道のストは東京の中央市場に大打撃を与えた
    The railroad strike hit the Central Market in Tokyo hard.
打撃王|〔野球で〕the batting champion
打撃戦|〔野球で〕((口)) a slugfest
打撃率|⇒だりつ(打率)
打撃練習|〔野球で〕batting practice

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone