打撃(読み)ダゲキ

デジタル大辞泉の解説

だ‐げき【打撃】

[名](スル)
物を激しく打つこと。「頭部に打撃を与える」
思いがけず、または突然に心の痛手や物の損害を与えること。「父の死で大きな打撃を受ける」「台風は農作物に打撃を与えた」
「仮令(よし)此の戦争が露西亜の専制を―する上に」〈木下尚江良人の自白
野球で、打者が投手の投球を打つこと。バッティング。
物理学で、物体に、その位置が変わらないと見えるほどの短時間に作用する、非常に大きな力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だげき【打撃】

強く打つこと。 「 -を加える」
相手の攻撃や思わぬ出来事によって受ける心の痛手や物質的な損害。 「彼女の話に-を受ける」
野球で、打者が投手の投げた球を打つこと。バッティング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打撃の関連情報