打撃(読み)ダゲキ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
物を激しく打つこと。「頭部に打撃を与える」
思いがけず、または突然に心の痛手や物の損害を与えること。「父の死で大きな打撃を受ける」「台風は農作物に打撃を与えた」
「仮令(よし)此の戦争が露西亜の専制を―する上に」〈木下尚江良人の自白
野球で、打者が投手の投球を打つこと。バッティング。
物理学で、物体に、その位置が変わらないと見えるほどの短時間に作用する、非常に大きな力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 物体を打ちたたくこと。また、他を攻めくじくこと。それによる衝撃や攻撃もいう。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉三「北条氏の政道は衰へたりと雖も未だかく人頼みなる企を以て容易に打撃すべからざりしかば」 〔抱朴子‐登渉〕
② すぐには立ち直れないような心の痛手や物質上の損害。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「僕の女性に対する尊信は、一大打撃を蒙った」
③ 物理学で、物体に、その位置が変わらないと見えるほどの短時間に作用する、非常に大きな力。撃力。
④ 野球やソフトボールなどで、投手が打者に対して投げたボールを打者が打つこと。バッティング。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉選任「敵の打撃に非常に油が乗り出して、味方の得点数へ追ひつきさうになるので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打撃の関連情報