コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狙い

1件 の用語解説(狙いの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ねらい【×狙い】

I 〔ねらうこと〕(an) aim
  • 的に[タンカーに]ねらいを定める
    aim at 「a target [a tanker]
  • 銃のねらいを定めて撃った
    He took aim with his gun and fired.
  • 矢のねらいが大きく[少し]外れた
    The arrow 「missed its mark by a mile [just barely missed its mark].
  • ねらいたがわず弾丸は標的の中心に命中した
    He fired and hit the bull's-eye with an unerring aim./The bullet went straight home to its target.
II 〔目的〕an aim
  • 両国の親善がこの会合のねらいだ
    Friendship between the two countries is the aim [object] of this meeting.
  • この寓話のねらいは何ですか
    What is this allegory aiming [getting] at?
  • このコマーシャルは若い女の子にねらいをつけている
    This commercial 「is aimed at [targets] young girls.
  • 批評のねらいは実によかった
    His criticism 「struck home [hit the mark].
狙い所
  • それこそがねらい所だ
    That is exactly 「the point [what] I am aiming at.
  • この論文はねらい所がよい
    The aim of this essay is very good.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone