狙い

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ねらい【×狙い】

I 〔ねらうこと〕(an) aim
  • 的に[タンカーに]ねらいを定める
    aim at 「a target [a tanker]
  • 銃のねらいを定めて撃った
    He took aim with his gun and fired.
  • 矢のねらいが大きく[少し]外れた
    The arrow 「missed its mark by a mile [just barely missed its mark].
  • ねらいたがわず弾丸は標的の中心に命中した
    He fired and hit the bull's-eye with an unerring aim./The bullet went straight home to its target.
II 〔目的〕an aim
  • 両国の親善がこの会合のねらいだ
    Friendship between the two countries is the aim [object] of this meeting.
  • この寓話のねらいは何ですか
    What is this allegory aiming [getting] at?
  • このコマーシャルは若い女の子にねらいをつけている
    This commercial 「is aimed at [targets] young girls.
  • 批評のねらいは実によかった
    His criticism 「struck home [hit the mark].
狙い所
  • それこそがねらい所だ
    That is exactly 「the point [what] I am aiming at.
  • この論文はねらい所がよい
    The aim of this essay is very good.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android