甚だしい

日本語の解説|甚だしいとは

プログレッシブ和英中辞典(第4版)の解説

はなはだしい【甚だしい】

ひじょうな(非常な)はげしい(激しい)

甚だしい間違い
a glaring [《文》 gross] mistake

それは甚だしい法律無視[特権の乱用]だ
That is blatant [flagrant] 「disregard for the law [abuse of privilege].

甚だしい寒さ
intense cold

甚だしい例をあげよう
I will cite an extreme case.

公私混同も甚だしい
It is an outrageous mixing of public and private matters.

頭脳流出は国にとって甚だしい損失である
The brain drain is 「an enormous [a heavy] loss to the nation.

出典 小学館「プログレッシブ和英中辞典(第4版)」プログレッシブ和英中辞典(第4版)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android