コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アポロン》 あぽろん

世界大百科事典内の《アポロン》の言及

【アクメイズム】より

…1910年代,ロシア革命の前夜に,当時のブルジョア文化の危機的状況のなかに生まれたロシア詩におけるモダニズム的傾向をいう。主として〈詩人組合(ツェフ・ポエートフ)〉のグループの詩人たち,グミリョーフ,ゴロデツキー,アフマートワ,マンデリシュタム,クズミンM.A.Kuzmin,ゼンケビッチM.A.Zenkevich,ナルブトV.I.Narbut,サドフスキーB.A.Sadovskiiらが詩誌《アポロン》(1909‐17)を牙城にその主張を展開した。アクメイズムの名称はギリシア語の〈アクメ(最高頂)〉からきており,アクメイズムの詩人たちはロシアのシンボリズムの美学に反発して,神秘的な彼岸への探究をやめ,可視的な現実を重視し,具象的な言語で物事を正確に表現しようとした。…

※「《アポロン》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アポロン》の関連キーワードプラーガ(Marco Praga)ディオニソス的・アポロン的アポロ・エピクリオス神殿ヴィクトル ペレーヴィンビラ・ジュリア美術館コリント式オーダーアリストテレス学派マンデリシュタームオリンポスの十二神ヒポクラテスの誓いグリュプトテークローマ国立美術館ネムルット新古典主義音楽マンデリシタムフェイディアスプラクシテレスベルリンの画家アクメイズムネムルトダウ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android