コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《尼御台由井浜出》 あまみだいゆいのはまいで

世界大百科事典内の《尼御台由井浜出》の言及

【由比正雪(由井正雪)】より

…この作では,正雪の生い立ちから武者修行,森宗意軒に妖術を習い,江戸に出て楠不伝の家を奪い,丸橋忠弥ら4800人の浪人を集めて謀反を起こす様が描かれ,これに宮城野,信夫(しのぶ)の仇討をとりまぜ,大衆性に富む読物として流布し,講釈でも行われてきた。当代の事件を出版または劇化することが法規に触れるため,舞台化は困難を伴ったが,1729年(享保14)2月竹本座で竹田出雲ら作の《尼御台由井浜出(あまみだいゆいのはまいで)》の浄瑠璃が上演され,正雪は奇井中節の名で登場,ついで歌舞伎では57年(宝暦7)1月大坂姉川座《けいせい由来記(こんげんき)》に志井常悦として登場,また59年9月竹本座の浄瑠璃《太平記菊水之巻》(近松半二ら作)は南北朝に世界をとり,宇治常悦の名で,足利転覆を企てたが最後は南北朝和合を条件として自害する結末となっている。ほかにその改作物《嗚呼忠臣楠氏籏(ああちゆうしんなんしのはた)》(1771年12月,豊竹座),宮城野,信夫の仇討を主筋とした《碁太平記白石噺(ごたいへいきしろいしばなし)》(1780年1月,江戸外記座)などの慶安事件物があるが,いずれも仮名で登場,1870年(明治3)3月守田座での《樟紀流花見幕張(くすのきりゆうはなみのまくばり)》(河竹黙阿弥作)によって,初めて法的に解禁され,通称《慶安太平記》の名で,以来しばしば上演される。…

※「《尼御台由井浜出》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報