コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Livländische Reimchronik》 LivlandischeReimchronik

世界大百科事典内の《Livländische Reimchronik》の言及

【リボニア年代記】より

…一つは修道士ヘンリクス作とされるラテン語の《リボニア年代記Henrici chronicon Livoniae》で1184年から1227年までの記録である。いま一つは著者不明の1万2017行からなる中世高地ドイツ語の《リボニア押韻詩年代記Livländische Reimchronik》で,1236年からドイツ騎士修道会がリボニア全域の支配を確立した90年までの歴史を収めている。両年代記とも12世紀以来ラトビアのダウガバ川(ドイツ名デュナ川)流域に到来したドイツ人商人の活動から始め,ついでキリスト教布教を名目にリガを根拠地としてリボニア地方を席巻した刀剣騎士修道会Schwertbrüderorden(1202‐36),そののちドイツ騎士修道会と合同したリボニア騎士修道会(1237‐1561)の原住民との抗争史を詳しく報告している。…

※「《Livländische Reimchronik》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

《Livländische Reimchronik》の関連キーワードリボニア年代記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone