コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Poliorketika》 Poliorketika

世界大百科事典内の《Poliorketika》の言及

【アポロドロス[ダマスクスの]】より

…ルーマニアのドロベタ(現,トゥルヌ・セベリン)でドナウ川に架けた大橋(104‐105),〈トラヤヌスのフォルムForum Trajani〉(107‐113)とマーケットなどを手がける。また《ポリオルケティカPoliorketika》と題する建築書も著した(断片が伝わる)。きわめてヘレニズム的なフォルムや浴場など,当時としては斬新なコンクリート造の公共建築に,彼の多才ぶりがうかがえる。…

※「《Poliorketika》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android