うそ寒(読み)ウソサム

デジタル大辞泉の解説

うそ‐さむ【うそ寒】

《形容詞「うそさむい」の語幹から》
なんとなく感じる寒さ。「うそ寒の宵」
秋になってなんとなく感じる冷気。そぞろ寒。 秋》「―をかこち合ひつつ話しゆく/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うそさむ【うそ寒】

形容詞うそ寒いの語幹から
なんとなく感ずる寒さ。 -の今日このごろ
秋になってうすら寒く感ずる冷気。やや寒。そぞろ寒。 [季] 秋。 -をかこち合ひつゝ話しゆく /虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android