コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おぼほし オボホシ

デジタル大辞泉の解説

おぼほ・し

[形シク]《「おほほし」「おぼぼし」とも》
おぼろげである。ぼんやりしている。
「雲間よりさ渡る月の―・しく相見し児らを見むよしもがも」〈・二四五〇〉
心が沈んで晴れない。
「玉桙(たまほこ)の道だに知らず―・しく待ちか恋ふらむ愛(は)しき妻らは」〈・二二〇〉
愚かである。
「はしきやし翁(おきな)の歌に―・しき九(ここの)の児らや感(かま)けて居らむ」〈・三七九四〉
[補説]一説に、「おぼおぼし」の音変化とも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone