コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぐし ぐし

世界大百科事典内のぐしの言及

【棟】より

…隅棟が1本で通らず先端に短い棟が付くものを稚児棟という。瓦を積んだ瓦棟のほか,檜皮(ひわだ)葺きや柿(こけら)葺きの屋根にみられる厚板を箱形に組んだ箱棟,茅葺き屋根の杉皮,木,竹などで造った棟(東日本では〈ぐし〉という)がある。棟の末端には雨仕舞と装飾をかねて鬼瓦,獅子口,鴟尾(しび),鯱(しやち),鬼板などを付け,大棟の上には神社では千木(ちぎ),堅魚木(かつおぎ)(鰹木)を飾り,寺院では中央に宝珠を置くものもある。…

※「ぐし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ぐしの関連キーワード愚神礼讃・愚神礼讚死花花・紙花花引きかなぐる髪・首・頭シシカバブ撫で付け櫛這ひ籠もる備前屋幸吉掻き繕ふ御髪上げ繕ひ立つ頼もし人岡山幸吉撫で繕ふ斎つ爪櫛独り臥しぐしゃり漂はし難波潟然なり

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐしの関連情報