しょっと

精選版 日本国語大辞典の解説

しょっと

〘名〙 鳥「ほおじろ(頬白)」の異名

しょっ‐と

〘副〙 尿などがちょっと排泄されるさまを表わす語。
※狂歌・道増誹諧百首(1558‐69頃か)「立田ひめせうかちげにやなりぬらんしょっとは時雨しょっとしぐれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しょっとの関連情報