コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異名 イミョウ

デジタル大辞泉の解説

い‐みょう〔‐ミヤウ〕【異名】

本名、本来の名称以外の名。一名。別名。異称。いめい。
あだ名。いめい。「大酒飲みで、うわばみの異名をとる」

い‐めい【異名】

いみょう(異名)」に同じ。
生物学で、同一種に対して付けられた複数の学名同物異名シノニム

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いみょう【異名】

(正式名称に対して)俗称・通称・美称・あだ名など。一名。いめい。 「切られ与三の-をとる」

いめい【異名】

いみょう(異名) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異名
いめい

本名以外に通用している別名のことで、「いみょう」ともいう。とくに人の場合には、「あだ名」もさす。
 生物学の場合には、同じ種類に対して二つ以上の学名が与えられているとき、もっとも先に公表されたものが、その種の名として有効であり、ほかの学名は同物異名synonymとして破棄される。これが国際命名規約上の根本をなす「先取権の法則」law of priorityである。もしも、もっとも早くつけられた学名が、なんらかの理由、たとえば同名が同属の種にすでに与えられている場合などによって無効であるときは、2番目に与えられた学名が有効となる。なお、一般に広く用いられている学名に対して、さらに古い名が発見されたときは、学名の安定のために古い名を破棄する場合もある。
 和名(日本名)は、一般の便宜のために与えられるもので、学名のように規約はなく、時代によって変わることがあり、あまり使われない呼び名が異名とされる。このように、和名は各人の考えによって選ぶことが可能であり、学名も研究の進展によってしばしば変更されることがある。日本のように和名が広く用いられている場合は、むしろ各種の和名はなるべく変更しないことが望ましい。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

異名の関連キーワード熊引・九万匹烏鷺の争い玄兎・玄兔じだんぐり三味線草無腸公子十七文字袖振り草うわばみ成田不動核の番人砂漠の船千代田城春告魚秦吉了二夜草二声鳥筆頭菜梶通し千歳鳥

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異名の関連情報