つきあかり

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

つきあかり

農研機構が北陸研究拠点(上越市)で開発し、2016年に品種登録出願。(1)収量が多いのでコストや価格の引き下げが可能(2)大粒で冷めてもおいしい――という理由から外食中食需要が多い。ご飯の外観がつややかで輝くように見えることが名前の由来県内を中心に作付けされている。非コシヒカリ系なので、品種の特性栽培注意点はコシヒカリと違う。

(2018-11-23 朝日新聞 朝刊 新潟全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つきあかりの関連情報