項目(読み)こうもく

精選版 日本国語大辞典「項目」の解説

こう‐もく カウ‥【項目】

〘名〙
① 箇条の条目。列挙する物事小分け
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「欧米諸国の労働者が生活項目に加へられつつある書籍新聞等の項目なきを怪しむなかれ」
② 予算などの編成区分で、款(かん)の下の「」とその下の「目」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「項目」の解説

こう‐もく〔カウ‐〕【項目】

物事を、ある基準で区分けしたときの一つ一つ。「資料を項目別に整理する」
辞典・事典などの見出し語。
項と目。国や地方公共団体における歳入・歳出予算の区分に用いる用語。項に区分して、さらに目に区分される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android