どんど焼(読み)どんどやき

精選版 日本国語大辞典「どんど焼」の解説

どんど‐やき【どんど焼】

〙 (「とんどやき」とも) =どんど《季・新年》
※俳諧・七番日記‐文化一一年(1814)一月「山添やはやしてもなきどんどやき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のどんど焼の言及

【左義長】より

…子ども仲間(子供組)を中心にした行事で,小屋を作って生活する習慣もあり,盆行事の盆がまや盆小屋と一対をなす。京都に近い地方ではサギチョウと呼ぶ土地もあるが,全国的には,広くトンド系統の語(〈どんど焼〉など)で呼ばれる。九州ではオニビ(鬼火),ホッケンギョウという。…

※「どんど焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android