どんど

精選版 日本国語大辞典「どんど」の解説

どん‐ど

① 水や風などが音をたてて流れたり吹いたりするさま、また、そのひびきを表わす語。どうどう。
※四河入海(17C前)二三「地藾のをとがとんととする程に、あは大風、大雨かせんと思たれば」
② 大声で呼びたてる声、どなりたてる声を表わす語。
※玉塵抄(1563)二一「とんとと高う笑て」

どんど

〘名〙 (「とんど」とも) 小正月の火祭。正月一四~一五日に門松、竹、注連縄(しめなわ)などを持ちよって火を燃やすこと。左義長。とんどう。どんどや。どんどやき。《季・新年》
※俳諧・炭俵(1694)上「御茶屋のみゆる宿の取つき〈利牛〉 ほやほやとどんどほこらす雲ちぎれ〈孤屋〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「どんど」の解説

どん‐ど[副]

[副]
水が勢いよく流れる音や、そのさまを表す語。
「あの―といふは川ではないか」〈狂言記・丼礑〉
どなりたてる声や、そのさまを表す語。
「田舎者と見えて、なにやら―と申すほどに」〈狂言記・粟田口

どんど[名]

《「とんど」とも》正月15日に、門松・竹・注連縄しめなわなどを燃やす行事。どんど焼き。どんど祭。 新年》「黒こげの餅見失ふ―かな/犀星」→左義長さぎちょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android