どんど(読み)ドンド

デジタル大辞泉の解説

どんど[名]

《「とんど」とも》正月15日に、門松・竹・注連縄(しめなわ)などを燃やす行事。どんど焼き。どんど祭。 新年》「黒こげの餅見失ふ―かな/犀星」→左義長(さぎちょう)

どん‐ど[副]

[副]
水が勢いよく流れる音や、そのさまを表す語。
「あの―といふは川ではないか」〈狂言記・丼礑〉
どなりたてる声や、そのさまを表す語。
「田舎者と見えて、なにやら―と申すほどに」〈狂言記・粟田口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どんど

〘名〙 (「とんど」とも) 小正月の火祭。正月一四~一五日に門松、竹、注連縄(しめなわ)などを持ちよって火を燃やすこと。左義長。とんどう。どんどや。どんどやき。《季・新年》
※俳諧・炭俵(1694)上「御茶屋のみゆる宿の取つき〈利牛〉 ほやほやとどんどほこらす雲ちぎれ〈孤屋〉」

どん‐ど

〘副〙
① 水や風などが音をたてて流れたり吹いたりするさま、また、そのひびきを表わす語。どうどう。
※四河入海(17C前)二三「地藾のをとがとんととする程に、あは大風、大雨かせんと思たれば」
② 大声で呼びたてる声、どなりたてる声を表わす語。
※玉塵抄(1563)二一「とんとと高う笑て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報