コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べかり べかり

大辞林 第三版の解説

べかり

( 助動 ) ( べから ・べかり ・○ ・べかる ・○ ・○ )
〔「べくあり」の転〕
推量の助動詞「べし」の補助活用。「べからず」「べかりき」など、他の助動詞に続くときに用いられる。ただし、連体形「べかる」には体言に続く用法もある。 〔 (1) 終止形にあたるものはない。 (2) 連体形「べかる」が「なり」「めり」などの助動詞に続くとき、音便の形をとって、「べかんなり」「べかんめり」となり、さらに撥音「ん」が表記されないで、「べかなり」「べかめり」となることがある〕 ⇒ べし(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べかりの関連キーワード中神・天一神有るべかし一大事因縁べかりけり思い寄る若山牧水逸失利益水籠もる口を顰む助動詞月の宴導・標御入り闇の夜玉の緒べかし連体形あべし介入権捲り手

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android