コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べかり べかり

大辞林 第三版の解説

べかり

( 助動 ) ( べから ・べかり ・○ ・べかる ・○ ・○ )
〔「べくあり」の転〕
推量の助動詞「べし」の補助活用。「べからず」「べかりき」など、他の助動詞に続くときに用いられる。ただし、連体形「べかる」には体言に続く用法もある。 〔 (1) 終止形にあたるものはない。 (2) 連体形「べかる」が「なり」「めり」などの助動詞に続くとき、音便の形をとって、「べかんなり」「べかんめり」となり、さらに撥音「ん」が表記されないで、「べかなり」「べかめり」となることがある〕 ⇒ べし(助動)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

べかりの関連キーワード中神・天一神有るべかし一大事因縁べかりけり思い寄る若山牧水逸失利益水籠もる口を顰む助動詞闇の夜介入権べかし玉の緒導・標御入りあべし捲り手月の宴もこそ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べかりの関連情報