補助活用(読み)ほじょかつよう

大辞林 第三版の解説

ほじょかつよう【補助活用】

形容詞の活用のうち、連用形の語尾「く」に動詞「あり」が結合して「から・かり・○・かる・○・かれ」と変化するもの。形容詞の付属語への接続のしかたが動詞などに比べて自由でなく、それを補うために発達したと考えられる。口語では、「かろ(未然形)・かっ(連用形)」の形に残っている。 → カリ活用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほじょ‐かつよう ‥クヮツヨウ【補助活用】

〘名〙 文語形容詞の活用で「から・かり・○・かる・○・かれ」の語尾変化をいう。形容詞の活用は付属語との接続について不備であるのを補うために、連用形「く」に補助動詞「あり」の付いた「くあり」の形が使われたが、それのつまったもの。口語形容詞の「かろ」「かっ」はその名残り。→カリ活用

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補助活用の関連情報