コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカバギンナンソウ(赤葉銀杏草) アカバギンナンソウRhodoglossum pulcherum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカバギンナンソウ(赤葉銀杏草)
アカバギンナンソウ
Rhodoglossum pulcherum

紅藻類スギノリ目スギノリ科で,一名ウスバギンナンソウ。低潮線近くの岩上に着生する。薄い膜質で茎は広く,葉状部は少数の裂片を生じ,長さ 30cmに及ぶ。この藻と同科でよく似ているものにクロバギンナンソウ (一名アツバギンナンソウ) Iridaea cornucopiaeがあるが,これは本種に比べて葉状部は厚く,長さ 20cmぐらいである。ともに寒海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android