少数(読み)しょうすう

  • しょうすう セウ‥
  • しょうすう〔セウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 数の少ないこと。
※延喜式(927)二五「凡勘公文、附入之物、得多数〈勘大帳、隠首括出損疾等丁之類、〈略〉或大帳少数、名帳多数、猶依名帳勘付之類也〉」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉代議士「少数だと、意気地なく腰が抜けて了う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オープンスカイズ条約

領空開放条約ともいう。非武装の偵察機により相互の領域内の軍事活動,施設を監視しあい,軍備および軍事行動の透明性を高めることを目的とする条約。相互の不信感を取除く信頼醸成措置の1つ。 1955年,アメリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少数の関連情報