少数(読み)しょうすう

精選版 日本国語大辞典「少数」の解説

しょう‐すう セウ‥【少数】

〙 数のないこと。
※延喜式(927)二五「凡勘公文、附入之物、得多数〈勘大帳、隠首括出損疾等丁之類、〈略〉或大帳少数、名帳多数、猶依名帳勘付之類也〉」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉代議士「少数だと、意気地なく腰が抜けて了う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「少数」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android