コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガメムノンの墓 アガメムノンノハカ

デジタル大辞泉の解説

アガメムノン‐の‐はか【アガメムノンの墓】

Tafos tou AgamemnonaΤάφος του Αγαμέμνονα》⇒アトレウスの宝庫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアガメムノンの墓の言及

【アトレウスの宝庫】より

…ギリシア南部,ミュケナイ城外にある九つのトロス(穹窿墓(きゆうりゆうぼ))のうち,最も保存のよいもの。宝庫と呼ぶのは,かつて財宝が埋められていたとの俗信からであり,また〈アガメムノンの墓〉とも呼ばれるが,もとより確証はない。しかし各地にあるミュケナイ時代の同種の墓の典型的なもので,墓は丘の側面につくられ,長さ36mの墓道を進むと,地下の円頂室(穹窿室)の入口に至る。…

※「アガメムノンの墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アガメムノンの墓の関連キーワードエーゲ海建築

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android