宝庫(読み)ほうこ

精選版 日本国語大辞典「宝庫」の解説

ほう‐こ【宝庫】

〘名〙
宝物を納めておくくら。たからぐら。宝蔵。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔三輔黄図‐六〕
② 資源を多量に産出する所。転じて、貴重なもの、希求するものなどが満ちている所。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「閑を偸み嗜好に任せてあさる東西文学のは」 〔陳子昂‐諫討生羌書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宝庫」の解説

ほう‐こ【宝庫】

宝物を納めておく蔵。
資源などを多量に産出するところ。また、貴重なものを多く含んでいるもの。「民話は方言の宝庫だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「宝庫」の解説

【宝庫】ほう(はう)こ

宝物庫。〔三輔黄図、六、庫〕靈金府に、太上皇なりし時佩びたる一刀あり。~上皇以て高に賜ふ。高之れを佩ぶ。白蛇を斬れるはれなり。天下むるにんで、寶庫にす。、白氣のの如くにしてを出づるを見たり。

字通「宝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android