宝庫(読み)ホウコ

デジタル大辞泉の解説

宝物を納めておく蔵。
資源などを多量に産出するところ。また、貴重なものを多く含んでいるもの。「民話は方言の宝庫だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 宝物を納めておくくら。たからぐら。宝蔵。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔三輔黄図‐六〕
② 資源を多量に産出する所。転じて、貴重なもの、希求するものなどが満ちている所。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「閑を偸み嗜好に任せてあさる東西文学の宝庫は」 〔陳子昂‐諫討生羌書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝庫の関連情報