宝庫(読み)ホウコ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐こ【宝庫】

宝物を納めておく蔵。
資源などを多量に産出するところ。また、貴重なものを多く含んでいるもの。「民話は方言の宝庫だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうこ【宝庫】

宝物を入れておくくら。
多くの資源や産物を産出する土地。転じて、貴重なものを多く取り出せるところ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐こ【宝庫】

〘名〙
宝物を納めておくくら。たからぐら。宝蔵。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔三輔黄図‐六〕
資源を多量に産出する所。転じて、貴重なもの、希求するものなどが満ちている所。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「閑を偸み嗜好に任せてあさる東西文学の宝は」 〔陳子昂‐諫討生羌書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝庫の関連情報