アクロ・コリントス(読み)あくろこりんとす

世界大百科事典内のアクロ・コリントスの言及

【アクロポリス】より

… アテナイ西隣のメガラのアクロポリスは双生児のように並ぶ二つのなだらかな丘。コリントスのものは,市の背後にそびえる巨大な丘で,アクロコリントスと呼ばれ,頂上にアフロディテ神殿などがあった。アルゴスでは大小二つの丘がアクロポリスとして固められ,大きい丘の斜面に劇場,麓にアゴラがあった。…

【コリントス】より

…コリントス湾にはレカイオン港を擁してイオニア海,シチリア方面と連絡し,サロニカ湾にはケンキレアイ港を配してエーゲ海方面に連なる東西海上交通の要衝であったため,古くから商業都市として栄えた。また背後に天然の要害アクロ・コリントスを有していたので,戦略地点としても重要視されてきた。なお,コリントス,サロニカ両湾を結ぶ運河の開削は古代から試みられてきたが,1881‐93年に全長6.4kmのコリントス運河が建設された。…

※「アクロ・コリントス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android