コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アップコンバート あっぷこんばーと

1件 の用語解説(アップコンバートの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アップコンバート

デジタル化によって情報が失われた画像や音を、算術的な補完技術を用いて、より高いクオリティーにすること。本来は、低い解像度データを「高解像度化」することを、すべてアップコンバートと呼ぶが、現在は、SD画質の映像をHD画質へ拡大することを指すことが多く、特に、ブルーレイ・ディスク(BD) レコーダーDVDプレーヤーテレビなどの機能を評価する場合に話題となる。「アップスケーリング」と呼ばれることもあるが、一般に、アップスケーリングは「単純な拡大」を指すことが多く、補完技術を用いた拡大の場合には「アップコンバート」と呼ぶ場合が多い。ただし、両者を分ける厳密な定義があるわけではない。
 ハイビジョンテレビは解像度が高いものの、そこにDVDビデオ地上アナログ放送などの解像度が低い映像を表示する場合、単純な拡大では輪郭や発色が不自然になり、「眠い映像」と感じやすい。そこで、より映像が破綻(はたん)しづらい拡大処理を使うことで、画質を向上させることを狙っている。
 ハイビジョン番組の中には、本来SD画像で作られた映像を放送局側で送出する際にアップコンバート処理を行い、ハイビジョン化しているものも存在する。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アップコンバートの関連キーワードデジタルコンテンツデジタルズーム電子透かしデジタル衛星放送デジタル時計ISDBデジタル写真デジタル処理デジタル万引きデジタルリマスター

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アップコンバートの関連情報