コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドワーズ あどわーず

4件 の用語解説(アドワーズの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アドワーズ

Googleが提供するPPC広告サービス。Googleの検索結果に表示される広告で、ユーザークリックした回数分だけの広告費が発生する。1クリック当たり7円から利用できる。Googleの他に、Exciteやgooなどのサイトでも表示される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アドワーズ(AdWords)

グーグルアドワーズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

アドワーズ

アドワーズとは、大手検索サイト「Google」が2002年9月から始めた新たな広告手法の名称。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドワーズ
あどわーず
AdWords

グーグルGoogleが提供するインターネットにおけるクリック課金(PPC=Pay Per Click)広告サービスのこと。グーグル検索エンジンでユーザーが検索したときに、その検索キーワードと連動したウェブ広告を検索結果の画面に掲載するもので、2000年からスタートした。
 広告主は、掲載したい広告とそれに連動するキーワードを選択しておく。グーグルのユーザーがそのキーワードに近い内容で検索した場合、検索結果の上部に広告が掲載される。また、契約者のサイトやブログなどに、キーワードに沿った広告を自動的に表示することができる。企業側は、広告がクリックされた数に応じて料金をグーグルに対して支払うことになる。検索エンジンと連動することにより、有望顧客へのダイレクトな広告が可能であり、また、広告料の上限予算やクリック単価を設定できるなど、柔軟に広告を掲載できるため、利用が広がっている。広告はグーグルと提携しているgoo(グー)、BIGLOBE(ビッグローブ)、@Nifty(アットニフティ)や個人サイトなどにも掲示される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アドワーズの関連キーワードオンラインストレージサービスGoogleマップデータベースサービスサービス産業アシスタンスサービスグーグルアドワーズフールームーバワイヤサービスサーバー/クライアント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アドワーズの関連情報