アニエマチェン[山脈](読み)アニエマチェン

世界大百科事典 第2版の解説

アニエマチェン[山脈]【A’nyêmaqên】

中国,青海省南東部にあり,北西から南東へのびる東崑崙(こんろん)山脈の支脈。全長約400km。チベット語で〈祖先の大神〉の意があり,アムネマチン,積石(しせき)山脈ともいう。10余の山峰からなり,主峰はマチェンガンリ(瑪卿崗日)すなわちアニエマチェン峰,瑪積雪山で標高6282m。氷河やU字谷が発達している。黄河は山脈の南東端を大きく360度迂回しているが,《禹貢》では,この地域,積石山が河源とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android