コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニエマチェン[山脈] アニエマチェン

2件 の用語解説(アニエマチェン[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アニエマチェン[山脈]【アニエマチェン】

アムネマチン[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アニエマチェン[山脈]【A’nyêmaqên】

中国,青海省南東部にあり,北西から南東へのびる東崑崙(こんろん)山脈の支脈。全長約400km。チベット語で〈祖先の大神〉の意があり,アムネマチン,積石(しせき)山脈ともいう。10余の山峰からなり,主峰はマチェンガンリ(瑪卿崗日)すなわちアニエマチェン峰,瑪積雪山で標高6282m。氷河やU字谷が発達している。黄河は山脈の南東端を大きく360度迂回しているが,《禹貢》では,この地域,積石山が河源とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アニエマチェン[山脈]の関連キーワード小興安嶺山脈三原山大冶鉄山南東根尾谷断層備前遼東ストレイモイ島青海省