アムネマチン[山](読み)アムネマチン

百科事典マイペディアの解説

アムネマチン[山]【アムネマチン】

中国,青海省南東部にあり,崑崙(こんろん)山脈の東方への分岐をなす山脈の主峰で,中国青海省の黄河大湾曲部内に位置する。漢字では阿尼瑪卿山,別名積石山。アニエマチェンとも(チベット中央部の発音)。1944年,中国からビルマへ向かう米軍機パイロットの報告から,中国奥地にエベレスト(8848m)を上回る高峰が存在するとして,謎の山アムネマチンの名は一躍世界に知れ渡った。その後,正しい標高は7160mと発表され,さらに1980年の対外開放時に6282mと再訂正された。10余の高峰があり,1960年,北京地質学院登山隊がII峰(6268m)に初登頂し,主峰(瑪卿崗日)は日本の上越山岳協会登山隊(多田勇三隊長)が1981年5月初登頂に成功。アムネマチン(山麓に住むチベット族の発音)は〈活き仏の最高の従者〉を意味するが,通常は〈神の山〉の意として使われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアムネマチン[山]の言及

【積石山】より

…中国,青海省南東部にあり,北西から南東へのびる東崑崙山脈の北支脈,同名の山脈の主峰。マチェンガンリ(瑪卿崗日)あるいはアムネマチン,アニエマチェン,瑪積雪山ともいう。詳細は〈アニエマチェン〉の項を参照されたい。…

※「アムネマチン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android