コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムネマチン[山] アムネマチン

百科事典マイペディアの解説

アムネマチン[山]【アムネマチン】

中国,青海省南東部にあり,崑崙(こんろん)山脈東方への分岐をなす山脈の主峰で,中国青海省の黄河大湾曲部内に位置する。漢字では阿尼瑪卿山,別名積石山。アニエマチェンとも(チベット中央部の発音)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアムネマチン[山]の言及

【積石山】より

…中国,青海省南東部にあり,北西から南東へのびる東崑崙山脈の北支脈,同名の山脈の主峰。マチェンガンリ(瑪卿崗日)あるいはアムネマチン,アニエマチェン,瑪積雪山ともいう。詳細は〈アニエマチェン〉の項を参照されたい。…

※「アムネマチン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アムネマチン[山]の関連キーワードアニエマチェン[山脈]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android