コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビラの城壁 アビラのじょうへき

1件 の用語解説(アビラの城壁の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アビラのじょうへき【アビラの城壁】

スペインの首都マドリード西北西約87kmの位置にある都市アビラ(Avila)旧市街を取り囲む市壁。アビラは、グレドス山脈の峰々を望む標高1130mにある都市で、スペインでは最も高い場所にある都市として知られている。この市壁は11世紀に、町に住むキリスト教徒イスラム教徒の攻撃を防ぐために建設した、全長2500m、高さ12m、幅3mの茶色い花崗岩(かこうがん)を積み上げたもので、約25mおきに88の塔があり、9つの門がある。こうした城塞都市はスペイン各地につくられたが、アビラほど城壁が良好に保存されている都市は少ない。アビラまでは、マドリードのアトーチャとチャマルティンの各鉄道駅から所要時間約2時間ほどである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アビラの城壁の関連キーワードポートオブスペインオエステ公園オリエンテ広場カサデカンポサンロレンソデエルエスコリアルスペイン王宮チンチョンマドリード王宮レティーロ公園マドリガル協奏曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone