コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブハズ Abkhaz

大辞林 第三版の解説

アブハズ【Abkhaz】

グルジア共和国の北西部にある自治共和国。カフカス山脈の西部、黒海の東岸に臨む。気候が温暖で保養地として有名。1989年以来グルジアからの独立運動が続いている。首都スフミ。アブハジア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブハズ
あぶはず
Абхаз Abhaz

ジョージア(グルジア)に属する自治共和国アブハジアの旧称。なお、アブハズは同自治共和国の住民アブハズ人を意味する。[渡辺一夫・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブハズの関連キーワードアブハズ・アディゲイ諸言語カラチャエボ・チェルケシアジョージア(旧グルジア)カバルディノ・バルカリアアブハズ=アドゥイゲ諸語イベリア・カフカス語族アブハズ自治共和国国連グルジア監視団ガムサフルディア南オセチヤ自治州ダゲスタン諸語アブハジア紛争カフカス山脈ジョージア州カフカス諸語カバルディ語アブハズ族オセチヤ人キリエンコアディゲア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android