渡辺一夫(読み)わたなべかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺一夫
わたなべかずお

[生]1901.9.25. 東京
[没]1975.5.10. 東京
フランス文学者。 1925年東京大学仏文科卒業。東京高等学校教授を経て東京大学でフランス語,フランス文学を講じ,48年教授,62年名誉教授。文学博士。主著,論文『ラブレー研究序説』 (1957) ,『フランス・ユマニスムの成立』 (58) ,『ラブレー雑考』 (70) ,翻訳『ガルガンチュワとパンタグリュエル物語』 (41~65) ,随筆『狂気について』 (50) ,『寛容について』 (72) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わたなべ‐かずお〔‐かずを〕【渡辺一夫】

[1901~1975]仏文学者。東京の生まれ。東大教授。ラブレーを中心とするフランス16世紀文学の研究に業績をあげる一方、批評家としても活躍。著「ラブレー研究序説」「フランスユマニスムの成立」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺一夫 わたなべ-かずお

1901-1975 昭和時代のフランス文学者,評論家。
明治34年9月25日生まれ。東京高教授などをへて,昭和23年母校東大の教授。フランス-ルネサンス期の思想,文学,とくにラブレーの翻訳,研究に業績をのこした。文明批評的エッセイもおおい。昭和50年5月10日死去。73歳。東京出身。著作に「ラブレー研究序説」「フランス・ユマニスムの成立」,訳書にラブレー「ガルガンチュワとパンタグリュエル物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたなべかずお【渡辺一夫】

1901~1975) 仏文学者。東京生まれ。東大教授。ラブレーの翻訳・紹介、ルネサンス・ユマニスムの研究など多くの業績を残す。また、すぐれた批評家でもあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺一夫
わたなべかずお
(1901―1975)

仏文学者、評論家。東京大学名誉教授、学士院会員。東京生まれ。東京帝国大学仏文科卒業。旧制東京高等学校教授を経て1962年退官まで東大文学部でフランス文学を講じた。ラブレーやエラスムスの翻訳、研究、およびルネサンス・ユマニスム研究に画期的業績をあげる一方、太平洋戦争の前後を通じてユマニスムの根源に分け入ることによって得られた深い学識と透徹した批評眼をもって日本社会のゆがみを批判した。とくに寛容と平和と絶えざる自己検討の必要を説き、狂乱の時代に節操を堅持した知識人として若い世代に深い感銘を与えた。『ラブレー研究序説』『フランス・ユマニスムの成立』『フランス・ルネサンスの人々』『狂気についてなど』『まぼろし雑記』など多数の著書の主要部分は『渡辺一夫著作集』増補版全14巻(1976~77・筑摩書房)に収められている。[二宮 敬]
『大江健三郎著『日本現代のユマニスト渡辺一夫を読む』(1984・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡辺一夫の言及

【フランス文学】より

…ただし距離は縮められたが,本質的な交流がどこまで活発になったか,それは今後考えられるべき問題であろう。 最後に日本におけるフランス文学研究について一言すると,大正期から本格的に始められたこの分野の仕事は,たとえば渡辺一夫のラブレー研究のごとき画期的業績を生むなどしながら年とともに深められ,いまや国際的な評価に十分に耐えられる水準に達している。【菅野 昭正】。…

※「渡辺一夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺一夫の関連情報