コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロケイ皮酸 あろけいひさん

世界大百科事典内のアロケイ皮酸の言及

【ケイ皮酸(桂皮酸)】より

…分子内に二重結合を含むため,シス,トランスの異性体が存在するが,天然には安定なトランス型で存在し,単にケイ皮酸といえばふつうトランス型をさす。シス型はアロケイ皮酸と呼ばれるが,不安定でトランス型に変わりやすい。(化学式)ケイ皮油以外にもトルーバルサム,ペルーバルサム,安息香,蘇合香油やタイワンカエデの樹脂中に遊離またはエステルとして存在する。…

※「アロケイ皮酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アロケイ皮酸の関連キーワードケイ皮酸(桂皮酸)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android