ケイ皮酸(読み)ケイひさん(英語表記)cinnamic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肉ケイ酸,β-フェニルアクリル酸ともいう。次の化学式で表わされる。

C6H5CH=CHCOOH

蘇合香中には遊離酸およびエステルとして,またトルーバルサムやペルーバルサム中にはベンジルエステルとして存在する。シス形およびトランス形があるが,天然のものはトランス形。融点 133℃。そのエステルは化粧品,石鹸などの香料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

3-phenyl-2-propenoic acid.C9H8O2(148.16).シス形とトランス形が考えられるが,シス形はアロケイ皮酸(allocinnamic acid)といわれ,不安定で,普通,トランス形として存在する.天然には,ソゴウ香油中に遊離またはエステルの形で,またトルーバルサムペルーバルサム中にベンジルエステルとして含まれる.ベンズアルデヒド,無水酢酸,および酢酸ナトリウムの混合物を加熱するパーキン反応によって合成される.無色の針状晶.融点133 ℃,沸点304 ℃.エタノール,エーテルに可溶.アロケイ皮酸は,コカの葉にあり,融点の異なる(32,42,58,68 ℃)四つの多形が知られている.おもにエステルの形で香料や化粧品に用いられる.[CAS 140-10-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android