コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジュアン島 アンジュアントウ

デジタル大辞泉の解説

アンジュアン‐とう〔‐タウ〕【アンジュアン島】

Anjouanコモロ諸島東部の島。1975年、グランドコモロ島モヘリ島とともにコモロ共和国としてフランスから独立したが、再び分離を求める動きがある。中心地は北西岸の港町ムツァムドゥ。16世紀初頭にスルターンが支配するイスラム小王朝が興り、同諸島全域を支配した。中央部にンティグイ山(標高1595メートル)がある。ンズワニ島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジュアン島
アンジュアンとう

ンズワニ島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンジュアン島の関連キーワードアフメド・アブダラ・モハメド サンビマヨット島フォンボニモロニ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android