アンドロメダ病原体

デジタル大辞泉プラスの解説

アンドロメダ病原体

米国の作家マイクル・クライトンのサスペンスSF(1969)。原題《The Andromeda Strain》。アリゾナ州に着陸した人工衛星カプセルに付着していた未知の地球外病原体に挑む科学者たちをドキュメンタリー・タッチで描く。星雲賞海外長編部門受賞(1971)。1971年、ロバート・ワイズ監督で映画化(邦題『アンドロメダ…』)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android