未知(読み)みち

精選版 日本国語大辞典「未知」の解説

み‐ち【未知】

〘名〙 まだ知らないこと。まだ知られていないこと。⇔既知
※御伽草子・付喪神(室町時代小説集所収)(室町中)「知を教て義解を増にはよきかたも侍れども」 〔論語‐先進〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「未知」の解説

み‐ち【未知】

まだ知らないこと。また、まだ知られていないこと。「未知へのあこがれ」「未知の分野」⇔既知
[類語]不明不明瞭灰色ぼんやりぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不詳未詳未確認迷宮入り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「未知」の解説

【未知】みち

まだ知らぬ。

字通「未」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android