未知(読み)みち

精選版 日本国語大辞典「未知」の解説

み‐ち【未知】

〘名〙 まだ知らないこと。まだ知られていないこと。⇔既知
※御伽草子・付喪神(室町時代小説集所収)(室町中)「知を教て義解を増にはよきかたも侍れども」 〔論語‐先進〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「未知」の解説

み‐ち【未知】

まだ知らないこと。また、まだ知られていないこと。「未知へのあこがれ」「未知の分野」⇔既知
[類語]不明不明瞭灰色ぼんやりぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不詳未詳未確認迷宮入り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android